足のムダ毛処理をする際に気をつけるべきこと

af0180019904足のムダ毛を処理する際に気を付けたいのは、肌トラブルです。 カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしているうちにできるのが 「埋没毛」と呼ばれる、皮膚に埋もれた毛ができることです。 これは、皮膚に埋もれているため毛先が外に出ていません。 毛穴の中でくるっとねじれているため、黒いブツブツに見えます。 私は、この埋没毛を毛抜きでツンツンとつついてから、 抜いてみたことがあるのですが、皮膚を傷めてしまい、赤く腫れてしまいました。 場合によっては、皮膚が化膿してしまうこともあるので、毛抜きで 強引に埋没毛を抜くことは、おすすめできません。 皮膚科へ行けばきちんと処置をしてもらえるので、埋没毛ができて しまった時は皮膚科で診てもらいましょう。 また、カミソリ負けで肌がブツブツになってしまうトラブルもあります。 これは、カミソリで皮膚の角質も一緒に削ってしまい、肌に 炎症が起きてしまうことが原因です。 カミソリを使う時は、毛の流れをよく確認してから使うとか、 剃った後はきちんと保湿剤を塗っておくという対処をすると良いです。 頻繁にカミソリを使うと皮膚への負担が多くなるので、電気シェーバー を使うなど、皮膚への負担ができるだけ少ない方法でムダ毛処理を することが大切ですね。